天野ひかり 公式サイト

トップページ > ブログ

杉並区郷土資料博物館 外来生物

 

「杉並の生き物と外来生物」の企画展、

杉並区郷土博物館委員を務めているため、

専門家の方からいろいろ学び、考えさせられます。


 外来生物は、悪モノで駆除すべきだと思っていましたが、

元の国ではそうでもなく、別の環境に連れてこられて

天敵のいない生態系の中に入るから強くて怖い存在になってしまう。


 日本ではなんでもないワカメやマメコガネも、

世界では侵略的外来生物になってしまうそうです。

 

 娘も、たった一人、

全く異なる環境、文化、常識の中に入り、

そこでどのような影響を受け、影響を与えられるのか、。
 
 子育ての世界も「生まれ」か「育ち」か。

つまり「遺伝」か「環境」か、とよく言われますが、

最近の研究で、同じ遺伝でも環境、育て方で、

大きく変わることがわかってきました。


 個人的には、同じ遺伝子でも、

100%発揮させられるか、

5%しか出せないか、が育て方の違いかな、と思っています。

 

 企画展9月8日まで、小・中学生無料 大人100円


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック