天野ひかり 公式サイト

トップページ > ブログ

フウフゲンカシンポジウム2019生配信

夫婦げんかしてますか?

夫婦げんかが子どもに与える影響を考えてみましょう!

小森谷徹さん、板谷俊明さん、井尾さわこさんと、

夫婦のあり方について考えました。

夫婦で思いをぶつけ合い、理解しあって、家族になっていくのだと思いました。

その姿を子どもは

よく見て、思いを伝える術と意味を学んで成長するのだと思います^_^

 

「喧嘩」というと、イメージするものが人によって違うと思いますが、

自分の思いを伝えて、相手の考えていることをなんとか理解して、

お互いわかりあうことだと思っています。

 

今回、感じたのは、

自分の考えの正当性を相手に分からせるために

論破することだと思っている方が多いのかな、

と。

 

それは喧嘩じゃない、し

その姿を子どもに見せるのは良くない、、、。

 

正しく喧嘩する姿を子どもに見せていかないと、

正しく喧嘩できない子どもに育つような気がします。

 

自分の意見を言えること

相手の意見を聞き、受け止めて、理解しようとすること

お互いの違いを認めて、わかり合おうと努力すること。

これ、日本人は下手だなあと思っています。

話が上手い人ほど下手かも。(人の話し聞かないもんね)

 

さらには、

こどもに喧嘩を見せてまいとして、

ぎくしゃくした冷戦状態も、

こどもは、ものすごく感じて影響受けてます。

 

意外に奥が深い、「ふうふげんか」

人の喧嘩を知って、

我がことを考える良い企画です!

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック