天野ひかり 公式サイト

トップページ > ブログ

運動会はいい

何とか天気は持ちこたえて
こころの運動会が行われました。

毎年、
早起きして、始発より前に場所取りに並ぶ夫は、

今年寝坊をして・・・
他のおかあさんから、
「こころちゃんのパパ、先頭にいないけど、
どこ?」

あちこちから、聞かれました・・・アセアセ

本当は、
今回は、あちこち移動して、観戦するために
場所取りをやめたのでした
5年生になると、
あちこち、活躍場所が増えるので、
その度に、
親は、走り回ります

改めて運動会って工夫されてるな、と思いました。

走るのが速いコは、注目の的!なのはもちろんですが、

応援団

ダンスのとくいなコは、ダンスの振り付け

絵の得意なコは、Tシャツ・チラシのデザイン

器楽の得意なコは演奏

下級生の面倒見の良い子は、お手本やお手伝い

などなど他にもいっぱい。

おかあさんおとうさんも

広報で写真を撮ったり、
見回りしたり、
うけつけや、ご案内
学校グッズ販売などなど
1年に1回お弁当作りに燃え尽きた!というおかあさんも
(子どものためではなく、
旦那ちゃんのおとうさんおかあさん向けに必死だったそうで)

それぞれに、大変な一日でした!

自分が子どもの頃には、気づかなかったことがたくさんありました。

今年、こころは、リレー選手の補欠でした。
毎朝、早起きして、選手と同じように朝練に行きました。

当日の朝、こころは
「私の出番はないけど、
私たちのクラスのリレーはダントツで優勝するからね!」
と出かけて行きました。

そのことば通り、
2位と大きな差を付けて、勝ちました!
応援にも俄然力が入りました・が、
母として、多少複雑な想いが、しました。

私は小学生のとき、作戦を立て、
徒競走はもちろん、リレーのアンカーとしても
ぶっちぎりの優勝。
クラスの仲間と大喜びしている私に、
ある女の子が
「ひかりちゃんは、嬉しいだろうけど
私は喜べない、だって私は何の活躍もしてないからね」
と言われたことを思い出しました。

その時には、その意味が実はあまりよく分かっていませんでした。

30年以上も経って、
子どもを持って、
今回、少し、その想いに馳せることができました。

でも、
こころは、
リレーを走っていないけど、
仲間と共に、誇らしく大喜びしている姿を見て、
はっとさせられました。

そうだよね。
お友だちといっしょに、こうして成長するのですね。

きっと悔しい想いもあったでしょう。
でもそれを上回って、
お友だちを認めて喜び合える力を身につけていたことに
母として、救われました。

やっぱり、運動会はいい!

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック