天野ひかり 公式サイト

トップページ > ブログ

ベネッセ子育てサイト インタビュー記事

子どもが自分から宿題をする子に育てるには?

という取材を受けて、掲載されています。

 

 

ご褒美を用意することの意味

 

そして、

そのご褒美を常に用意することは、

目的を用意すること

 

つまり

目的を持って何かに取り組めるようになるための大切な準備なのです。

 

よくお母さんたちからは、

ご褒美を用意すると

ご褒美がなければやらなくなる、、と心配の声を聞きます。

 

でも大丈夫。

もっと子どもは賢いのです!

 

親が思うようなごほうび(お菓子やおもちゃ)ではなく、

本当のご褒美に気づいていくチャンス!

 

上手に1歩1歩進めてあげてくださいね。

 

http://benesse.jp/kosodate/201709/20170922-1.html

 

 

 

 


ファシリティドッグ着任式 司会

新しくファシリティドッグ、アニーが着任した式の司会を

神奈川県立子ども医療センターでしてきました。

重い病気の子どもたちに寄り添い、

治療に関わるファシリティドッグは、

日本に3頭のみ、

沢山のメディアの取材も、堂々と応じていました!

ハワイで育成されていることにちなんで、

ハワイアンコンサートも開催、

ウクレレ奏者のロバートさん、

スチールドラムのヤマダナオミさんと。

シャインオンキッズの素晴らしい活動です!


インタビュー記事が掲載されました〜べネッセ子育てサイト

1回目

「自己肯定感が芽生える0歳からの声かけについて」

 

取材を受けていると、つい、熱が入ってしまいますが、

ライターさんがとても優しい口調にしてくださっています!

 

http://benesse.jp/kosodate/201709/20170919-2.html

 

 


北区ことぶき大学講演〜人付き合いが楽しくなる!

60歳以上の方向けの講演!

600人ご参加いただいて、

「人付き合いが楽しくなるコミュニケーションのコツ」

についてお話しさせていただきました!

 

◯今までは、知の伝達 

     ↓

これからは、コミュニケーションで、知の創造

 

◯目的を設定しよう!:コミュニケーションは手段

 

◯答えを自分で出さない!一緒に問題を発見して共有して解決していくこと

 

などなど実例考えていただきながら、

2択で、お答えいただきました。

 

私も、熱が入り、仁王立ち!(恥。。!)

 

皆さんとても熱心で、反応も早く、

質問もとても意識の高さを感じさせていただきました!

 

1番上手にコミュニケーション取りたい相手はどなたですか?

の質問をはじめにしたのですが、

 

夫・妻は、パラパラ。。。

息子・娘が、1番多かったですね!

あとは、お友達、

まご、、

 

やっぱり、親子!のコミュニケーションは、

何歳になっても1番悩ましく、1番の喜びなのかも!

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


AIに負けない子どもの育て方〜高井戸図書館

AI(人工知能)の力 人の力 違いってなんでしょう。

AIにはできないことを子どもには、身につけていってほしい!

その力をわかった上で、こどもに、どう身につけさせるか。

親の力が試されます!

10年後を見据えた子育てが大切ですね!

 


さいたま市 パパのしゃべり場講座

さいたま市のパパの子育て講座!

 

皆さん、ママに誘われて参加されたようですが、

こうした講座に参加されるパパは意識高い!

180度子育てに関する考え方が変わったと

感想を書いて下さいました!

 

でも、講座に参加されないパパにこそ、届けたいですね。

 

 


女性誌「LEE」の取材を受けました!

子どもに言ってはいけない言葉かけについて!

編集者・ライター・広報の方全員、小さなお子さまのママで、

とっても盛り上がりました!

刺激的なタイトルになりそうです!

12月号です!


台湾版「子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツ」

台湾版に翻訳されて、表紙が出来上がってきました。

中国語は、よくわからないけど、なんとなく雰囲気は伝わります。

国に合わせて表紙のデザインは、変わるようです。

私の名前は、天野光になっています!

台湾の方に受け入れられますように・・・!

台湾に行かれた際には、是非、応援をよろしくお願い致します!

 

 

 


西東京市 連続子育て講座 

0歳〜のママパパ向けの連続講座

1週間に1度、連続でお会いすると、

皆さんの考えや学びが、どんどん深まっていくことを感じます。

 

腑に落ちて理解するためには、

いろいろな視点から見たり、自分に置き換えたり、

1週間、家で実践して感じることや新たな疑問を

さらに質問していただくことで、

自分のことになるからです。

 

わたしも、お母さんの悩みがどこにあるのか、

何が不安なのかを理解することができて、

とても有意義な時間となります!

 

第1回「子どもに伝えたい大切なこと〜子育てで1番大切なこと〜」

第2回「子どもに届く伝え方〜ほめ方・しかり方」

第3回「賢い子どもを育てる聴き方〜脳の仕組みを知ろう!」

第4回「心に届く読み聞かせ〜絵本の読み聞かせ方」

第5回「コミュニケーションで子育て〜親から子への贈り物は」

第6回「私の未来〜子どもの本当の力」

 

とっても熱心で、皆さん6回ともほぼ1ケ月半

無遅刻 無欠席!

担当者も、とても熱心で温かく

とっても楽しい講座でした!

 

 

 


北区光ママの会〜ママにもしものことがあった時のために

ママパパにもしものことがあった時のために、

今からこどもにできることは?

というテーマで、講座で考えました。

 

参加されたママが考えた

お子さんに渡したいものの

1位は、お金、

2位は、家(環境)あとは、お手紙、ビデオ、アルバムなど。

 確かに、ママの愛情、よくわかります。

でもお子さんはもっとドライです。

私が別件で、

幼稚園児、小学生に聞き取り調査したところ、

「私のご飯は誰が作ってくれるの?」でした。

そこで、もうちょっと具体的に想像してみました。

ここからが本題!

それぞれで、今から備えておくべきことが、具体的になってきました。

とっても有意義な時間でした!

 

 


| 1/87PAGES | >>